42坪東入り3.5間間口4LDK収納多い 建売住宅分譲プランデータ



42坪の4LDKの比較的にゆったりした間取り、
3.5間間口なので細長い東入りの場合でも建築可能
部屋は和室が8畳であり、大きな茶の間として使える。
玄関や2階の納戸など通常より収納力も多い。
LDKは標準的だが東西に長く周囲の環境しだいだが明るい。
LDKが8畳の和室につづいているので広がりも持つ。
2階の個室は6Jで各部屋のクロゼットを使う。
寝室は10畳と広めで4畳分クロゼットがある。
洗面脱衣に収納があり収納にこだわる人向けのプラン
1坪タイプのバスと1.5坪の大きな洗面脱衣室を持つ。
洗面台はツインボールで広さと使い勝手をアピールできる。
バルコニーへ廊下から行くことができる。
玄関ホールは標準サイズだが階段や奥行きがあり明るく広い。
また、収納が大きいので喜ばれる。
トイレも大きさを確保しながら1階と2階に二つ持つ。
1階のトイレは収納つき手洗いカウンターをつける。
南に大きなバルコニーをもち洗濯物を干すのに都合が良い。
分譲住宅としては大きい」がほぼ総二階の原価の抑えられるプラン
大き目の分譲住宅は希少価値がある。
収納の多い家としてのキャッチフレーズに面白みがある。
建売にした場合も見栄えがよく集客効果がある。
所得の多い人をターゲットにした売り建て・建売プラン




トップページに戻る
Copyright (C) 2010 建売住宅データ