収納の多い分譲住宅プラン 40坪西入り4間5LDK 



40坪で西入りの収納の多い住宅プラン
収納が多いと書いたのは要所に収納が配置されているため
玄関脇の大き目のシューズクローク
キッチン脇の大きなパントリー収納
1階のリビング脇の小さな収納
2階廊下の収納や寝室のウォークインクロゼットなど
納戸をさらに増やしたり、洗面脱衣室に洗面台の代わりに
首脳を増やしても良いだろう。
現在の分譲住宅の傾向は派手なプランよりも
収納が多いなどの堅実なプランが受ける傾向がある。
景気を反映して派手なプランはある程度の高額物件や
注文住宅の分野になって住み分けがはっきりしてきている。
分譲住宅に求めるのはコストのメリットであって
より広く収納が多いプランは分譲の客層に求められている。
パントリーの3畳や玄関物入れの2畳などの付加価値は
かつてのプランであれば無駄なものであったが
同じ価格帯や同じエリアでの競争にはポイントが高い。
リビングが20Jのプランよりも収納が4畳広いほうが
客層のニーズに答え見栄えが良い場合があるのだ。
和室の6畳はリビングに一体化して使い勝手がよく
2階の個室が多いプランも趣味の部屋や
子供の多い世帯に向けてのプレゼンテーションも可能で
クロゼット納戸として一室をあてて使うこともできる。
衣装の多い人へも一室多いことはお勧めできるポイントだ。
そのほかにも1室多いことで顧客のニーズに合わせて
部屋を割り当てたプレゼンテーションが可能である。



トップページに戻る
Copyright (C) 2011 建売住宅データ