間口の狭い敷地の中庭付住宅、 2.5間4LDK



間口が狭く細長い敷地に中庭付きの住宅を作る。
玄関まで敷地の横を通ることで南側に部屋を作ることが可能になる。
LDKを南側にして窓を作る場合に有効な方法といえる。
玄関から入ってすぐ見えるのが中庭であるが、
玄関を明るく快適にすると同時に北に間取りした和室へ南から光を入れる。
またキッチンの北に開口を取って風通とひかりを作ることができる。
中庭の作り方次第でかなり明るい雰囲気ができる。
二階の南側は2.5間の間に強引に2室設けて光を入れる。
書斎と寝室へは中庭から光を確保できる。
特に寝室はバルコニーからの光が南から入り
道路側の光が無くても十分に明るく物干しテラスにもできる。
2階には共用の3畳の納戸も作っているので収納力もある。
建売住宅のプランとして使用し建築しても良いし、
細長い敷地の販売への売りたてプランとして使用することもできる。
注文住宅を作るときの参考プランとしても良い。
細長い敷地で光を取り込む参考プランになる。



トップページに戻る
Copyright (C) 2010 建売住宅データ