狭小間口でガレージのある家 39坪南入り2.5間間口3LDK 建売住宅分譲プランデータ



狭い間口で奥行きのある敷地は古い町では当たり前にある。
建て替えや住み替えたい場合どうしてもガレージの問題につき当たる。
車を屋外するのか屋内にするのか。何台置くのかを考え
ビルトインガレージなどで敷地を有効に活用するかを考える。
参考例は南入り2.5間の参考プランだが、
南入りの場合玄関とガレージが同じ方角で場所を取り合うことになる。
また狭小間口の場合、1階の耐震に対しての強度が気になる。
安全なのは短手方向に十分な壁の量を確保しながらプランすること。
また、狭い敷地に部屋数だけ押し込めばそれでよいとはならない。
光をどこから確保すればよいかという重要な課題に直面する。
その場合中庭を設けることで光を確保する。
1階の寝室、バス、」洗面、廊下、階段は中庭からの光で劇的に解消される。
2階の部屋は2室を強引に道路側に向けて窓をとる。
これは北道路であっても道路側に窓をとることで最高が取れる。
2階にダイニングリビングをとるのは1階よりもより明るいためで、
周囲の建物を考慮してほとんどの場合2階リビングが
日当たりに対しては有効な効果をえられる。
参考プランではキッチン、ダイニング、リビングすべてが
窓からの光を得ることのできる明るいプランとなっている。
狭小間口を有効に使いたい場合の売りたてよう参考プランとして
顧客に提示してここからアレンジするのに使える間取り。



トップページに戻る
Copyright (C) 2010 建売住宅データ