敷地を有効利用する3階建ての間取り 33.5坪南入り2.5間の間口のプラン



参考プランは3階建てで小さな敷地を有効利用する間取り、
都市部では大きな敷地を取得するのが困難なため
どうしても小さく分割された敷地に建築しなければならない状況がある。
また、母屋の横の土地を分泌して利用する場合なども、
限られた敷地の中で間取りを作ることが有効な場合がある。
そのときに三階建てのプランが有効で、木造での建築が可能である。
3階建ての住宅の場合リビングを二階に設けるプランにメリットがある。
2階のリビングを中心にして各部屋の移動がしやすいことと、
よく使うリビングダイニングの日当たりが1階よりも望める事。
都市部においては道路からの目線を気にせず生活が可能になる。
参考プランでは1階に水周りと和室、6畳の部屋を設けている。
1階に和室を設けたのはゲストルームか、
階段を上り下りの極力少なくて住む部屋として
南に配置したかったためで、場合によっては道路側の窓から
出入りが可能な間取りとなる。
このことで病院からワゴンで移動して一番近い部屋となる。
最上階の2室については特に使用者を特定はしないが
大きな個室と小さな個室として、
2人部屋と一人部屋という設定である。
大きな部屋を設けた場合男二人の子供、女一人の子供を3階に
1階は夫婦と和室にもう一人住むことも可能となる。
人数が少ない場合は大きな部屋が主寝室の設定である。
駐車場をとりながらっ南に広いベランダを設けられるので、
明るい生活がイメージできる。
敷地を小さく分譲せざるを得ない場合にも3階建てプランは使いやすい。



トップページに戻る
Copyright (C) 2010 建売住宅データ