狭小間口の住宅 33坪北入り2間間口4LDK 建売住宅分譲プランデータ



狭小間口の住宅の間取り、2間間口でかなり細い間口の住宅が可能
玄関の寸法の調整では4M間口の敷地に建築することもできる。
通常は狭い間口の家でも足場を建てるために両側を50cmほど空けて建築する。
ただし、隣地の了解を得て建築していけば隣地に接近することができるので
狭い間口でも法律内でいっぱいに建築できるということだ。
民法上敷き地境界から50cm離して建築することがベストで
昔から長屋だったり、密集地で隣地に近づけて建築するのが常識のエリアでは
隣地の所有者と協議の上で隣地境界線にかなり接近して建築できる。
参考プランは3.64Mの間口で細長いながらの部屋の大きさが成立している。
細長い敷地は昔から住んでいる場合や、
敷地を購入する場合に便利な市街地の割りに価格が安い場合がある。
狭小間口や変形敷地が得意な設計事務所などに依頼すれば
間取りだけでなく、日当たりも満足するようなアイデアが蓄積している。
分譲住宅ではリスクがあるが売り建てプランとして
土地を売買するときの参考につかえる間取りである。
大きさも33坪以下でありローコスト化が図れる。
4LDKで一般的な部屋数も満たしている。
アレンジして大きくするなどして利用可能。




トップページに戻る
Copyright (C) 2010 建売住宅データ