狭小間口の間取り31.5坪、南入り2.5間4LDK 建売住宅分譲プランデータ



都市部や分譲住宅の敷地割の場合、
価格的に購入しやすくするという目的で敷地が狭い場合がある。
土地建物でちょうどよい金額とするもので
やや狭いながら車が二台置ける間口に設定される。
狭い間口の敷地でも駅が近いとか環境的に魅力的な場合があり、
なかなか土地が売られていないなどといった敷地で南入りであれば
土地の条件は悪くはないためあっという間に販売が終了している場合もしばしある。
土地は南角地の価値が高いがそれ以外では南入りが人気がある。
そのため南入りに細長い敷地を並べる分譲住宅が多い。
ところが、細長い敷地にいざプランをはめ込もうとしても
なかなか満足のいくプランまで行き着かないことも多い。
あらかじめ参考プランがあればわかりやすく、
売り建て住宅の場合そこから会話をスタートさせることもできる。
南入りの場合は保守的な考えの人も多く
しっかり4部屋を取って個室を6畳以上にしておくこともこのまれる。



トップページに戻る
Copyright (C) 2008 建売住宅データ