28坪東入り4間間口3LDKローコストプラン 建売住宅分譲プランデータ



28坪の3LDKのディンクス向けローコスト住宅プラン、
一階は夫婦の過ごすリビングルームと収納量の多い
ダイニングキッチンが配置されている。
家事室はパントリーでも、作業場でも納戸でも書斎でも自在に使える。
ダイニング、リビングは機能的に普段使いとしての大きさを持ち
各夫婦の個室になる部分と共用の寝室になる部屋の3部屋を持つ
夫婦の生活スタイルとしてはお互いの職を持つことが想定されるので
仕事や趣味を一人で行うスペースと
夫婦の部屋を分離している形態をに出来る部屋数にしている。
ディンクスでの生活を想定するが
3部屋あることで家族の変動にも十分対応できるプランである。
日本の30代40代の世代は結婚している割合も少なく
子供を持っている家庭も割合がかなり減少しているという社会である。
家族と呼べる最小の単位は2人というのは
日本の普通の家庭の様相となってきつつある。
結婚していなくても伴侶と住まう家は必要と考える。
また、老夫婦の単世帯の需要もあり
小さく快適な住宅のスタイルが必要になっている。



トップページに戻る
Copyright (C) 2010 建売住宅データ