分譲住宅のコストの差はなんですか?


土地の仕入れ値で大きく値段が変わります。
分譲の名の通り、大きな土地を分筆して分けることで
土地の利益が発生します。
大規模・小規模に関わらず
土地の価格や相場で大きく販売価格が左右されます。
土地を仕入れるノウハウのある会社が分譲を行います。

大きくコストが違うのは販売棟数の差による仕入れ値にあります。
同じ商品であれば仕入れ値が安いほうが得といえます。

良心的な仕様で一般的なプランの木造住宅の
工事原価は大体坪40万前後で
建築の販売価格が坪あたり50万前後
その他はガーデニングや駐車場と土地の価格です。
例えば土地が1900万建築が1800万円であれば
土地建物で3700万円の分譲住宅になります。
建築と土地で利益が



年間販売棟数が多く土地の仕入れノウハウがある会社が
分譲住宅ではコストパフォーマンスが高いといえますが
会社の資質や経済状況もあるので
必ずしも大手が良質な住宅を作るとは限りません。
買い手が充分に検討・比較することが必要です。

次に利益設定があります。
大手ハウスメーカーと地元業者では利益設定もばらばらです。
会社が大きければ人件費・広告費などがかかっています。
かえって地元の業者の方が良心的な利益設定の場合もあります。
これは企業秘密でしょうから公開はされていません。





建売住宅の大きさ
Copyright (C) 2008 建売住宅データ